読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニューヨーク発!ワーキングマザーのバイリンガル育児

育児と家庭教育について書いています

アメリカに住みながら子供の日本語会話力を育てる

今年日本に長めに滞在する機会があってから
上の子の日本語を話す力がグンっと上がりました。

私も厳しめに日本語オンリーを通すよう気を付けていますが
それでも父親が帰ってくれば英語の会話が飛び交います。

 

例え私と旦那さん、子供と父親の会話が英語でも
私は絶対に日本語で子供と会話るよう心がけました。

そうすると子供も、私には日本語、父親には英語と分けて話してくれています。

 

とはいえ、日本語教育はこれからです。
今年から現地校にいくのでそれまでの期間に何ができるか
考えてみました。

 

もう少し、日本語での家庭学習を増やしたいのと
やはり日本語を話す人たちのグループにいれてあげたいという結論にいたっています。

アメリカに住んでいて、父親が完全英語という中
家庭で日本語を話したり教えるのには限度があるのと

専門家の興味深い意見が参考になりました。

 

まず、母親と日本語で会話をしているこは比較的自然に日本語が話せるが
英語も併用するとガクッと会話力が落ちるそうです。

 

また、親と日本語を話していても、兄弟同士で英語を話す場合もやはり会話力が落ちるとのこと。

ここは、上の子に「弟には日本語で話して、日本語を教えてあげてね」
とお願いしています。
(お兄ちゃん頑張るぞ!と率先してやってくれます)

 

日本語が上手な子はやはり、学齢期に日本にいたとか
補習校にしっかり通っているというような

日本語で学習をしているという経験があるようです。

 

面白いことに、日本語の個人レッスンだけを受けている場合
日本語の会話力はそれほど高くならず、

日本語を話す人たちとの集団生活の方が会話力が上がるということです。

 

これらを踏まえて
日本語で学習+日本語を話す人たちと一緒に

をやっていければなぁと考えています。

 

ありがたいことに、ニューヨークでは日本語を学ぶ場所がいくつもあります。

また最近人気のオンライン日本語レッスンも補助的に考えていているので
どんな感じで進んでいくのか今年が楽しみです。

 

いくつかバイリンガル育児の記事が続きます。

興味のある方はお楽しみに♪