読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニューヨーク発!ワーキングマザーのバイリンガル育児

育児と家庭教育について書いています

バイリンガルの子育て事情

来年から上の子がキンダーに入る年齢になります。

英語と日本語の家庭教育を今はしていますが、
例え今は日本語が母国語でも
現地校に行き始めたら英語になっていくでしょう。

という本人も、
「学校行くの楽しみ?」と聞くと

「学校行ったら英語ばっかりになっちゃうよ。僕が英語しか話せなくてもいいの?」

といっちょ前に言ってきます。

今のところ、
「日本語のほうが簡単、でも英語も話せるけどね。」
とかっこつけている長男4歳。

以前は漠然と、ホームスクール感覚で両方教えちゃおうかなとか
習い事も色々したら出会いもたくさんあるし忙しくなるし
仲の良いお友達もしっかりいるし。。。

と思ったりもしましたが、いざ入学手続きが迫ってくると
また真剣に考えなくてはと焦ります。

何しろ、来月レジスターしないといけないということが分かったので
今週はリサーチと現実的な計画を立てるのに頭を使っています。

どうなるのでしょうか 笑

 

バイリンガルを育てるには
多くの親の方たちが試行錯誤悩んで頑張っていらっしゃるのがわかります。

最近とても役にたつなという意見は、
実際にバイリンガルに育った人たちです。

失敗と成功の両方をみて、私も試行錯誤してやっていこうと思います。

 

バイリンガルといっても、色々なタイプがあると思うので
将来の生活圏や仕事を考えて一番役に立ちそうな環境を与えられたらいいですね。

 

広告を非表示にする